江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

削ったら逆に「大損」になること

昨夜の銭湯で、ある個人事業主の方とこんなお話を...

何か...今年の6月あたりから、急にモノの動きがなくなって、仕事が減った気がします。
確かに、今年後半付近から様々な経済事情が重なり、「?」と思っている経営者の方も多いのではないでしょうか?
しかし、節約すべきところを間違えると、 さらに経済事情が悪化することを考えたことがあるでしょうか?
『安かろう~悪かろう!』ではありませんが、 適正価格で、適正に享受しなければ、かえって割高になることが多いものです。


■1:健康診断や人間ドッグなどの検査費用

健康診断や人間ドッグの費用は、お住まいの自治体や勤務先が負担してくれるケースもありますが、自腹で払うと結構なお金がかかるものです。

「とりあえず健康だし、こんなにお金がかかるなら、また今度」と先のばしにして、実は大きな病気にかかっていることに気づかず、結局その治療費が莫大にかかり......という危険性があります。行くべきときには、きちんと行くようにしましょう。


もちろん、我々のような民間医療もその1つです。
適正な骨格矯正は、自己治癒力や免疫力を向上させてくれるので、ちょっとした風邪や疲れなどは吹き飛ばしてくれるものです。

癒しや趣味などハマっているなら別ですが、
週に何度も通わなくてはならない場合ですと、1回の支払いが少額でも、積み重なればとんでもない額にもなりますし、何より時間の無駄です。


■2:歯の治療費

虫歯等の治療費もかなりかかるものです。「歯が痛いけど、もうちょっと先でいいか」と先のばしにするのはダメです! また、歯科医に「また来週来てくださいね」と言われたにもかかわらず、「お金がかかるし、もう歯も痛くないからいいや」とやめてしまうのもNG! 悪化して、さらに高い治療費かかってしまいます。

なるべく初期段階で治療を受けるようにして(その方が安く済む場合が多いです)、完全に治療が終わるまでは、自己判断でやめないようにしましょう。

ちなみに...
当サイト管理人は、毎月1回定期検診&歯石取りに行ってます♪


■3:結婚式のご祝儀代

意外と耳にするかもしれません。「今月結婚式が3つもあって苦しいから、許してもらえるよね」などと、例えばいつもは3万円包んでいる仲間うちなのに、手持ちのお金がないという理由で2万円に下げて、友達と険悪な雰囲気になったという体験談。結婚式は、相手にとって一生に1回のこと。そんなハレの場のご祝儀を削ってしまったら、人間関係は簡単に壊れてしまうのではないでしょうか。

もし、お金がどうしても用意できなければ、借金をしてまで出すことはないと思いますが、その場合は「今月どうしても厳しくて、本当にごめんなさい」という気持ちをきちんと伝えるようにしましょう。

いずれにしても、上手に貯めている人は、「必要最低限の交際費は削らない」と考えている人がとても多いです。お金だけ貯まって、いい人間関係を失うことのないように、気をつけてくださいね。

■4:本代

本は1冊1,000円~1,500円程度かかりますが、これを"高い"と言って節約してしまうと、実はかなりもったいないのです。

なぜなら、実用本でいうと、本1冊分=セミナー1回分だと言われます。セミナーを受けにいくと5,000円、1万円と高いお金かかりますが、その内容をランチ1回分くらいの値段で手に入れることができるのは、実は格安ではないでしょうか。(もちろん、セミナーには臨場感や質問ができるメリットなどはありますが)

本を読むことで、充実感を得られたり、知識を得ることでお給料アップにつながったり、人間的な魅力がアップしたり、とさまざまないい点があることを、見逃さないようにしましょう。

ちなみに...
当サイト管理人は、セミナーや書籍などを含めて、年間100万円以上捻出しています。
交友関係だけでなく、情報収集の場として有効活用しています。

■5:最低限の食費代

「食費はできる限り削って、毎日もやしと豆腐のレシピです」、 「カップラーメンならお腹いっぱいになるし、安いのでついつい食べています」
という声も聞きますが、あまりに栄養が偏り過ぎると体力や免疫力が落ちて、風邪を引きやすくなります。

風邪をきっかけに、大きな病気にかかり、その治療費が大きくかかってしまう危険性もありますので、食費代を削りすぎるのは、マネーの面でも危険です。節約をする場合でも、栄養がバランスよく取れるかを考えながら、食材や食事を選ぶようにしましょう。

また、食費をケチると...
考え方も乏しくなり、発想力も質が下がります。
そして、妙なことばかり考えるようにもなりかねません。

日時:2012年10月26日 16:52

コメントする