江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

フルマラソン完走の効果とトレーニング法①

完走すると2,000キロカロリー以上を消費するマラソンの攻略法を2回に分けてご紹介します。


マラソンのカロリー量は、『自分の体重×42.195キロメートル』で計算することができると言われています。例えば、体重が60キログラムの人は約2,500キロカロリーの消費、50キログラムの人であれば約2,100キロカロリーの消費になります。

ごはん1膳(ぜん)(ぜん)で約230キロカロリーですので、体重60キログラムの人がフルマラソンを完走すると、お茶わん約11杯分のカロリーを消費したことになります。




ここで、元オリンピック・ショートトラックスピードスケートの選手で、現在は「健康と美容」についてのキャスターを務める勅使川原郁恵(てしがわら・いくえ)さんによると、フルマラソンを完走するために欠かせないことは以下の通り。

  1. フルマラソンに出るまでのトレーニング期間を6カ月と目標を設定します。 ランニングが初めての人はまず、「1日30分以上のウォーキングを週に3回」から始め、走る足、動く体をつくっていきましょう。
  2. 2.1カ月後には毎日1時間の運動を 1カ月後には、平日は1回につき30分ウォーキング&30分ジョギング=1時間の運動を、休日は1回60分のジョギングをします。週2回、例えば月曜日と金曜日と決めて、休養を入れることがポイントです。
    • 最初の2週間~1カ月は、1キロメートルを7分ぐらい(1時間で約8.5キロメートル)のペースで走り、体を慣らします。
    • また、運動前に、ランジ(肩幅程度に足を開いて、背筋を伸ばし立つ。片方の足を一歩前に大きく踏み出し、2~3秒おいて元に戻す。もう一方の足も同様に)を片方の足10回ずつ・両足で20回×1セットを行います。足とおなかの筋肉強化につながります。
    • 筋肉痛や体調不良が起これば、すぐに休みましょう。
  3. その後は3カ月余り、体調を見ながら速度を上げ、距離を伸ばしてみます。
  4. 本番前2週間は、1時間でおよそ10キロメートルを走るようにします。そのとき、2時間ほど続けて走ることができるかを確認します。
苦しいときは無理をせずに、ウォーキングに切り替えたり、休息を取りましょう。 毎回、運動前後はストレッチを10分以上は行うようにしましょう。

引用元:マイナビニュース

日時:2012年10月14日 17:26

コメントする