江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

なぜ、女性は生理が近づくと憂鬱になるのか?

気になる方も多いのでは?




なぜ、女性は生理が近づくと憂鬱になるのか?
京大がその理由の一端を解明(江戸川通信)
京都大学の正高信男 霊長類研究所教授らの研究チームは3月8日、60人の29~30歳の健康な独身女性を対象に生理後5日(卵胞期)、13日(排卵期)、25日(黄体期)にそれぞれ8枚の花の写真と1枚の蛇の写真を同時にみせ、その中から蛇の写真を正しくできるだけ迅速にみつけだすという視覚探索課題の実験をおこない、その成績を比較する実験を行った結果、黄体期には卵胞期、排卵期にくらべ、蛇の発見が早くなることを確認したことを発表した。同成果の詳細は3月8日付けの「Scientific Reports」に掲載された。

閉経前の成人女性の大多数は排卵後の生理が近づく時期になると、多少なりとも気分が落ち込んだり、鬱になったりすることは以前からよく知られており、欧米ではPMS(前メンス症候群)という診断名が与えられている。しかし、これまでその判断は本人への質問紙による、主観的な気分の表現の聞き取りにとどまっており、気分の変化を客観的にとらえる試みはほぼ行われてこなかった。

今回の検証では、8枚の花の写真と1枚の蛇の写真を同時にみせ、その中から蛇の写真を見つけ出すまでの時間を測定したわけだが、その逆の8枚の蛇の写真と1枚の花の写真を同時にみせるという実験も同時に行っており、こちらの場合はいずれの時期においても、花の写真を見つけ出す成績にほとんど変化がなかったという。

この結果から、同研究チームでは、嫌悪刺激に対する感受性だけが生理前に特異的に亢進するものとの考えに至ったという。

なお、今回の手法をより進化させていくことにより、人間の不安状態を簡易かつ高い信頼性を持たせた状態で計測する技術の実現への道が拓けたと研究チームでは説明している。

日時:2012年4月 1日 21:17

コメントする