江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

むくまない体を作る生活

むくみやすい体になる行動をしていないか、チェックしてみましょう。

  • 首や肩のこりがひどい
    首や鎖骨のリンパ液の流れを阻害している。
  • ふくらはぎが外側に湾曲している
    骨盤のゆがみにより、筋肉が硬直して血流を妨げている。
  • 目の下にくまがある
    腎臓の機能が低下している、血行不良で静脈の色素が透けて見える。
  • シャワー中心で湯船に浸からない
    体の芯からの慢性的な冷え(湯に浸かると適度な水圧がかかり、血行の促進やリラックス効果がある)。
  • 長時間のデスクワーク
    リンパ液や血液の流れが滞る。
  • ホルモンバランスの異常
    バランスの悪い食事、過度なストレスなど。
  • 水分・塩分などの過剰摂取
    水分を過剰に欲するのは肝臓などの内蔵機能に問題がある可能性がある。
  • 歩き方と体のゆがみ
    骨格のズレやゆがみは、リンパ液や血液の流れを圧迫する。

このチェック項目からも分かるように、むくみの原因は日々の生活習慣に大きく関係しています。 3つ以上に当てはまる方は、生活習慣を少し改善させるだけでも、むくみの症状がかなり軽くなると思われます。むくみを解消するためには、血液の循環や内臓の働きを活発にすることが大切です。



むくまない体を作る生活のポイント

  1. 入浴または手浴で体の芯をじっくり温める 毎日湯船に浸かることが一番ですが、手軽にできる手浴でもOKです。40℃~43℃のお湯を洗面器に張り、ひじから下を浸けましょう。温められた手の血液が心臓に戻り、再び体中に流れて全身を温めてくれる効果があります。
  2. 内臓を冷やさないようにする ドリンクは冷たいものを避け、常温やホットを飲むようにしたり、温野菜サラダや体を温めるショウガ、唐辛子などのスパイスを使ったスープを食べるように心がけましょう。
  3. 正しい姿勢、歩行で体を動かす 股関節やひざの関節を伸ばすストレッチ、階段を使うなど、足を動かす行動を積極的に取り入れることで、筋肉のポンプ作用を使って体に血液を循環させましょう。
日時:2012年2月22日 22:22

コメントする