江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

中央区に鮮魚マーケット

江戸川区から近いところにできると、昼休みに食事に行けそうですね。



<東京・築地市場>隣接地に鮮魚マーケット...中央区建設へ(小岩通信)


東京都中央区は、14年度中に江東区豊洲地区に移転する築地市場を受け継ぐ施設として、市場に隣接する区有地に「鮮魚マーケット」を建設することを決めた。7日発表した12年度予算案に、基本設計費など約3100万円を盛り込んだ。13年度から工事に着手し、市場が移転する半年前の完成を目指す。区は観光客に人気の市場の雰囲気を残すと同時に、近くの銀座の飲食店などが仕入れにも利用できる施設にする方針だ。

区によると、約400店舗が入る築地場外市場の一角で、現在は駐車場として利用されている約4000平方メートルの区有地に建設する。移転後も築地に残ることを希望する水産仲卸業者や青果店などに1店舗当たり20平方メートル程度を割り当て、約100店舗の入居を想定している。

区は市場の老朽化に伴う移転問題が取りざたされた98年から、一貫して移転反対を主張してきたが、昨年3月の都議会で移転関連予算が可決されたことから、容認姿勢に転換。鮮魚マーケット構想の具体化に向けて準備を進めてきた。予定地に隣接する都の立体駐車場もマーケットの一部として活用したい方針で、都と7日、今後の検討に関する合意書を交わした。

中央区企画部の担当者は「築地は長年築いてきた食文化の伝統があるので、それは残していきたい。豊洲は大口、築地は小口の顧客向けに商売ができるようすみ分けられたらいい」と話している。

日時:2012年2月 8日 11:31

コメントする