江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

運転代行 賠償トラブル頻発

忘年会シーズンですね。アルコールを摂取することがわかっているときは、自動車で移動するのは控えましょう。




運転代行 賠償トラブル頻発...随伴車の保険なく(小岩通信)
運転代行業者の随伴車が起こす事故を巡って、被害者との間でトラブルが頻発している。

随伴車には任意保険への加入義務がなく、料金値下げ競争などで随伴車に保険をかけない業者が多いことから、十分な賠償が出来ないためだ。飲酒運転の取り締まり強化で需要の高まる代行業者。師走に入り、飲酒機会も増える中、警察庁と国土交通省は、運転代行業者の利用客を対象にアンケートを行うなど、随伴車の実態の調査を進めている。


運転代行の開業には、運転代行業法に基づき、各都道府県公安委員会の認定が必要。ただ、タクシーなどが運転できる自動車2種免許があれば、警察署への申請で比較的容易に認定される。警察庁によると、業者の数は同法が施行された2002年の4148から昨年には8705に倍増。随伴車の事故も、114件から約2・5倍の293件に急増している。

運転代行業者には、利用客の車を運転中に人身事故を起こした場合、最大8000万円以上の保険金が出る「代行保険」への加入が義務づけられているが、随伴車には任意保険の加入義務がない。国交省は「随伴車は、利用客を乗せていない業務用車両に過ぎず、保険の加入義務づけは厳しすぎるから」と説明する。

日時:2011年12月 2日 18:41

コメントする