江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

ゴルフ大好きな方 必見♪

ゴルフ大好きの方・・・ちょっと見方を変えてみませんか?

一般的に・・・
腰痛と言いますと、右の骨盤付近を痛める方が多いですが・・・

イレギュラーケースですが、左骨盤付近に痛みを感じると訴える方がいます。
それが今回ご紹介する例になりますが、初回来院時は腰部全体に痛みを感じていたとおっしゃっております。

初回、腰部を拝見したところ、
確かに右仙腸関節に必要以上に違和感を感じると訴えており、対策を講じたところ、初診時から痛みはなくなったそうです。

2回目来院後に、
従来のトレーニング方法では、高負荷の割に成果があがっていないことがわかりました。
そのため、低速回転&高負荷でのトレーニング法を指導すると、早速効果が認められるとともに、腰部の痛みが気にならなくなったそうです。

また、クラブを握る際、左母指に何らかの形で負荷・負担をかける方が多いと思いますが、これを調整することで、腰部の痛みがさらに改善されています。

※ちなみに、この方・・・左利きです♪


しかし、今朝になって・・・
「昨夜(来院翌夜)から痛み出して、今朝はめちゃくちゃ痛む。どうすればよいか?」
と電話で問い合わせをいただきまして、アイシングをするように指導しますが、結局来院いただくことになりました。

お話によると・・・
2回目来院後に、SW50回程度練習して調子がよかったそうですが、その後痛み出したとの事。おそらく、左の骨盤の動きが周辺の筋肉の動きについていけず、痛みとして感じていると判断。

※いわゆる仙腸関節痛

そこで、最近マイブームのSOTを骨盤周辺部の調整時に適用するとともに、恥骨・尾骨・左膝関節の精密調整を行った後、仙腸関節部の関節モビリゼーションを実施することで、しゃがんでもほとんど痛みを感じることがなくなったそうです。

※関節モビリゼーション:関節の稼動範囲を調整する運動


まとめると...

  1. 何でもかんでも、トレーニングジムで高負荷&回数を重ねてトレーニングする必要はない。
  2. クラブを振りかぶった始点から終点に対して、左足の体重移動を容易にするためには、骨盤周辺の関節可動を柔らかくするとともに、インナーマッスルを鍛える。
  3. 左利きの方が右利き用のクラブを使用するのは控えたほうがよいが、あえて使う場合は下半身の体重移動に気をつける。


参考になれば幸いです。

日時:2011年5月30日 23:18

コメントする