江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

運用方法「知らない」59%=公的年金積立金―内閣府調査

運用方法「知らない」59%=公的年金積立金―内閣府調査(小岩通信)

内閣府は11日、「年金積立金の運用に関する世論調査」の結果を発表した。それによると、約128兆円(2009年度末現在)の公的年金の積立金の運用に「関心がある」と答えた人は61%だった。一方、年金積立金が国債など債券を中心に市場で運用されていることについて「知らなかった」が59%で、「知っていた」は40%。厚生労働省の担当者は「(公的年金の運用などを)どう分かりやすく伝えるかが今後の課題」としている。

年金積立金を管理・運用している「年金積立金管理運用独立行政法人」は四半期ごとに運用結果を公表しているが、公表を「知らなかった」人は88%。近年の公的年金の運用結果を「知らなかった」人も83%を占めた。

また、自分自身の金融資産を運用する際に最も重視することは、「運用利回りが低くても元本が保証されていること」がトップの64%。「現金に換えやすいこと」が22%、「リスクが高くても運用利回りがよいこと」が5%で、利回りより元本の保証を重視する人が多数を占めた。

一方、積立金の運用に「関心がない」と答えた人は37%。関心がない理由(複数回答)については、「難しいイメージ」が36%で最も多く、「運用されていることを知らなかった」が33%で続いた。

調査は10月14日から同24日まで、全国の成人男女3000人を対象に実施。有効回収率は66%だった。 

経済学者の間では年金制度の運用益の見込みが甘かったのは昔から言われていること。
それなのにその事実には目をつぶり、若者につけをまわし続ける国民は、若者を潰す国。
自分らの仕事のために増やした国の借金を自分は知らんと言い、
自分らはこんなにすばらしい国を作ったと良い面だけ主張して、
介護うけるには金が必要と新たな負担を若者に押しつけながら
だから若者は年金を潰してはいけないという主張はわがまますぎる。

無知・無関心が悲劇を呼ぶ良い例です。
日本の公的年金がどれだけ危ないか、自分で資料を探して調べてみましょう。
くれぐれもメディアの情報はあてにしないように。


ちなみに...
細野真宏の「最新の経済と政治のニュースが世界一わかる本」をご覧になると、年金積立金についてよくわかりますよ。

日時:2010年12月12日 19:33

コメントする