江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

立山で雪崩

立山で雪崩 6人巻き込まれ1人死亡2人重体(江戸川通信)

30日午前8時55分頃、富山県立山町の北アルプスの室堂平にある通称・雪の大谷(標高約2400メートル)南側の国見岳斜面で、スノーボードとスキーで訪れていた男性6人が雪崩に巻き込まれたと、グループの川崎市の男性から、立山町消防署に119番があった。

県防災・危機管理課によると、30歳代の1人が死亡、2人が意識不明の重体のほか、足の骨を折るなど2人がけがを負った。県消防防災ヘリが出動し、県警と救助にあたった。

県警などによると、6人は東京都、神奈川、長野県在住とみられ、29日に長野県大町市側から入山。同日夜は室堂ターミナル付近でテントを張って泊まっていたという。グループの一人は、読売新聞の取材に対し「スキーのために斜面を登っていたところ、突然雪崩が起きて巻き込まれた」と話した。

現地で高原バスを運行する立山黒部貫光(富山市)によると、30日午前9時の室堂平の天候は晴れで、気温は氷点下8・5度、積雪は1メートル80。

現場付近は吹雪で29日から車両通行止めとなっている。現場付近を往復する立山黒部アルペンルートのバス運行は30日までの予定だった。

日時:2010年11月30日 14:55

コメントする