江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

レッグチェック

5月16日(日)は、出張のためお休みを頂いております。
今日は、骨格矯正法の見逃しやすい部分についてご紹介します。

この調整方法では、以下のようにベッドにまっすぐお立ち頂き、画像のように寝ていただくことで、立位に限りなく近い状態を再現させます。

そして、こちらの動画にありますように、足を曲げ伸ばしして、調整したいところがどのようになっているかをしらべていきます。


さて、今回はこの膝の曲げ伸ばし・・・レッグチェック・・・が、私の目線から見るとどうなっているか?を限りなく再現してみます。

この方は、週1回程度を3時間ほどやってます。
今回の来院では、フォアからバックにスイッチしたときに膝を痛めたそうです。
軽く膝を曲げた時の様子ですが・・・かかとがお尻につかないのです。
IMG_1498.JPG

しかし、ある程度調整すると・・・
以下のようにかかとがお尻につくようになります。
IMG_1499.JPG

このような下半身・・・特に膝関節に問題がある場合、いくら骨盤調整などを行っても、痛みなどの症状は緩和するものの、構造そのものを調整したわけではありませんから、結局怪我などを起こす確率は変わりません。

調整方法があなたにとって都合が良いかどうかをしっかり判定できる検査法が確立しているAMは、短時間でこのような確実な施術効果をもたらします。

ということは、同じ定期メンテナンスとして施術に当たる際に、回数を繰り返せば繰り返すほど、怪我のしにくい体になるため、さらに細かい調整もできるようになるわけです。


皆さんも、怪我のしにくい、パフォーマンスの高い体作りをしませんか?

日時:2010年5月16日 08:11

コメントする