江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

「500系のぞみ」、来春引退=「こだま」に転用-JR西日本

自動車や携帯電話のサイクルも早いですが、新幹線の車両もサイクルが早い気がするのは気のせいでしょうか(笑)
製造した時の流行を見越して製作した車両ではあるでしょうけど、初代0系の寿命の長さに比べると、チト短すぎるような...

お客様の目を引くことも大事ですけど、もう少し「!」と思えるようなものがないと...。ブルトレも消えましたし...。

たった10分程度の短縮のために、あんな車両を引退させるのは個人的にも思い入れのある車体だけに本当に残念でごわす。どうせなら、ドクターイエローにするってほうが...

【「500系のぞみ」、来春引退=「こだま」に転用-JR西日本(江戸川通信)】

JR西日本は16日、現在東京―博多間を1日2往復している新幹線「500系のぞみ」の運転を、2010年2月末で終了すると発表した。500系車両は、のぞみとしての運行から引退した後、16両から8両へ改造し、新大阪-博多間の「こだま」へ転用する。

500系は1997年3月に運転開始され、日本で初めて最高時速300キロで走行した。白地に青いラインの車両が主流だったのに対し、グレーの下地に青いラインという独特の色で人気も高い。一方で、先頭車両が細くとがっているため「先頭と最後尾車両の空間や座席が狭い」という客の声もあったという。

500系のぞみの後は、カーブでも高速走行でき、ゆったりとした座席が特徴の「N700系」が運行する。

日時:2009年10月19日 01:53

コメントする