江戸川区の整体ならからだバランス館におまかせください

サイトマップ
江戸川区の整体メニュー
からだバランス館の院長紹介

山根 剛
1972年5月23日 千葉県出身
私立 八千代松陰高校を卒業
帝京平成大学情報学部卒業
(旧帝京技術科学大学)
上海中医薬大学留学
心理カウンセラー
東京都江戸川区小岩地区
群馬県吾妻郡嬬恋村
施療院を設置。
群馬県は毎月第3土曜日限定だが施術を行っている。

「誰にも言わないでね」と言われて聞いた話...あなたは?

友達でも同僚でも、「誰にも言わないでね」って中身って一瞬大事か事だよね?何て思いつつ、どうしても話したくなってしまうことが多いのでは?

私の前職では、知らない間にうわさと事実がごちゃ混ぜになって話が進んでしまってることが多く、そうでなくてもイチ部署全員で一緒に仕事することなんて年に1回あるかどうか...ってくらい、まとまることのない職業であり職場なので、本当に同僚間での信頼関係なんてモンは存在しなかった。なんせ、こちらがどんなに気を使っても、常に色眼鏡で見られるから、本当に気を使う職場だった。もっとも、勤続何十年選手を通り越して役職がついた途端、180度見方が変わるってのは日本の悪しき風習なんだろう(笑)


ひどいのになると、当時私より4つほど年下だけど先輩って存在の彼に、『あなたの爆弾発言を聞いちゃった♪』なんてニコニコしながら言うので、どんなことか問いただすと、面白いことにマトモに答えることができない。話半分で聞いていたのか、もしくはセリフが分かるだけで内容は分からない...という、その人のボキャブラリーの話に変わってしまう程、無責任な発言が多い。
たぶん、こんな経験をした方も多いと思う。

どうせ、休憩時間か作業中のヒトコマ...で聞いて、「ウフフ!」なんて思ったのだろう。
しかし、私からすれば秘密の話ではないし、同僚の間での妄想なのでそれほど気にはしなかったが、人を疑う業種であるが故に寂しい一面。だからって訳ではないだろうが、前職のような業界って不思議と婚姻率が低い! しかも、いわゆる業界5位以内...一通り出向に行ってるけど、どこも同じだってのは、信憑性があるって事だろう。

人の秘密って知りたい!と思う反面、知ってしまうとお腹いっぱいになってしまって口直しをしたくなるような感覚で誰かにしゃべっちゃおうかな?なんて気分に浸ることが多いと思う。後術だが、基本的には、話さなくても良いことは基本的には話さないほうが無難だろう。結局、気まずい思いをするのは、言いだしっぺと思うのは私だけだろうか?


英紙デイリー・テレグラフによると、
南米チリワイン普及を行う団体「ワイン・オブ・チリ」英国支社が調査機関に委託して行われたもので、対象は18歳から65歳までの女性3,000人。女性たちからは、主に"秘密とされる話"を聞いた場合の気持ちや実際の行動について聞き取ったところによると、45%の人は「秘密を守れない」と明かし、ほかの人に話すまでの平均時間は47時間15分と判明したという。48時間というとちょうど2日だから、人のうわさって光ファイバーケーブルよりも早くて正確...ってDr.コトー診療所でも言ってるのもよく分かる。


だいたい、「自分自身が100%信頼できる人間」と思っているかとの質問に、「信頼できる」と答えた人は83%にのぼり、75%近くの人は「秘密を黙っていられる」と回答。口の堅さに自信を示す人が多い数字であるが、これは「全く話さない」という意味ではないようだ。

調査によると...
英国人女性の場合、平均として1週間に3つ程、何らかの"秘密の話"が舞い込むとされ、実際はほかの人に口を割ってしまう場合も多いらしい。

これを、口が軽い...というかは分からないが、そんなに思い話が次から次へと舞い込むってのはどんな人間関係?ってオトコは思ってしまう。


とか言ってる私だが、職業柄、意外と"秘密の話"が舞い込んで来る機会が多く、どちらかというと女性からの声が多いと思う。それだけ、信頼してくれているからこそ...ってのは感じるし、絶対に他言無用と同時に、一応「認定カウンセラー」だから、面と向かって同じ目線で話をしている。だから、辛口トークになることもあるんだけど、不思議とその方が効果覿面で、秘密にしていたことがアッと言う間に解決!なんてことともある。


女性同士ならよくある話だからこそ、
「秘密ね♪」って話は、やはり「秘密!」にした方が、今の社会情勢なら無難かもしれませんね。

引用元はこちら
⇒ http://www.narinari.com/Nd/20090912322.html

日時:2009年9月21日 00:00

コメントする